(主に)検索結果画面での一覧ページでの表示の仕方の話

サイト上で何かしら検索した結果が、サムネイルの一覧となって表示される場面がある。
具体的にサービス名を挙げるとinstagramとかPixivとか。

そういう時に「あぁこうだと楽でいいな」と感じる動作の組み合わせがある。

分岐点は2つあって、
・サムネイルをクリックした時
・ファーストビューから先を見ようとした時
だ。

サムネイルをクリックした時は概ね
1.lightboxみたいになる(ポップアップに近い動き)
2.そのまま個別のページに遷移する
の2種類に分岐されて、

ファーストビューから先を見ようとした時は
A.自動でロードして1ページ内で無限スクロールする
B.1ページあたりで表示件数が決まっていて、2ページ目へのリンクをクリックさせて遷移する
の2種類に分かれる。

アプリなんかだと2とAの組み合わせが多くて、
個別ページに遷移した後で検索結果に戻ると
読み込んだ内容が維持されてなくて
また1から読み込み+スクロールし直しの
「ああああああああ」ってなる軽度の地獄が待ってる。

個人的に一番ありがたいのは1とBの組み合わせ。
例えばPixivで特定のタグのイラストを検索してから
「これ前はどんなイラストがあったんだろ」
と遡っていきたいと思った時は、
URLを見てページ番号のところを打ち込み直して最古のページまで移動する。

また、順番にページャーをクリックして遡っていって見てる時も、
例えば30Pまで見た日ならそこのURLをブックマークしておけば
翌日はそこを開いて続きを見ればいい。


最近リニューアルしたPixivのwhitecube版は
さっきの組み合わせで言うと1とAの組み合わせで、
「昔のイラストが遡れないのが悲しい……」
と思っていたんだけど
今見たらなんか検索結果のURLが変わってできるようになってた。
ありがたや。

http://www.pixiv.net/whitecube/search/[検索ワード]?adult_mode=include&p=[ページ数]