B5の同人誌を収納するのに折りたたみコンテナが良い

同人誌の収納を考えていた。
同人誌はだいたいB5サイズなため、
本棚に入れるにしても文庫本や漫画本以外にそれ用に高さを取らないといけなくて、
そんなに何段も用意できないから結局どこかに積むことになる。

どうしたもんかと思っていたところにたまたま存在を思い出して
トラスコ中山の折りたたみコンテナの20Lのやつを試しに買った。
コンテナの内寸は335mm(横)×231mm(縦)×254mm(高さ)で、
深さ(高さ)の内寸が同人誌で一般的なB5(257mm×182mm)の長辺とだいたい同じ。
同人誌を立てて入れると24ページぐらいの厚さの本が80冊ぐらい入る。
ただし、まっすぐ立てるとB5の同人誌の方が3mm高く、フタが閉まらないのでちょっと斜めに傾けて入れること。

で、もしこの記事を読んで
「20Lで80冊ならこの倍のサイズの50L買ってバンバン入れるか!」と思った人がいるなら
それはまじでやめた方がいい。
20Lでもめいっぱい本を入れるとそこそこ重い。
コンテナはダンボールより重いので、中身をダンボールと同じだけ入れると
当然ながら総重量はだいぶ重くなる。
例えば引っ越し時とか掃除の時とかそれを移動させる時に腰を痛める可能性が高い。

サイズ的には20Lを2つ並べると50Lと同じになるがまじでやめておけ。
本じゃなくてもっと軽い服とかキャンプ道具とかだったら50Lはいいと思う。
本ならとにかくやめとけ。

でもコンテナは良い。便利だ。  たぶんこれから家にある保存用のダンボールをコンテナに置き換えていくだろう。