THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth 両日行ってきた

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪
両日LVで行ってきた。
密度がすごくて疲れた。楽しかった。
時間があいたのでメモってあったのをバラバラに書く。

idolmaster.jp


------------------------------
・初日は開演が20分ぐらい?遅れたのもあって結構駆け足だった。
いつもなら 4曲ぐらいやる→5分ぐらいMC みたいなセットになってるんだけど、
今回は前後半に分けて13曲ぐらいライブやって15分ぐらいMC→13曲ぐらいライブっていう感じで3時間だった。
ライブの内容としては5thツアーのSSAでのDJぴにゃタイムがずーっと続く感じで、
今回で初披露はもちろん、音源としても初出しのものがとても多かった。

・1日目のMVPは松田颯水さん(星輝子)かなあ。
1日の公演の中でかわいい方の輝子もかっこいい方の輝子もやってたのと、
一番良かったのはLove∞DestinyのRemixでダンサーさんのショータイムで曲のブレイクから
そのまま続けて∀NSWERに繋げてきたとこ。

Love∞DestinyのRemixは
前にHotel Moonsideのイントロをロングバージョンにして
ダンサーさんの時間を作ってたのが好評だったのか(実際良かった)
今回は歌なしのショータイムとして0.5曲分枠が取られてて 、
まーたこれがキレッキレでかっこよかった。

で、曲のブレイクでスピードが落ちていったところから
そのまま∀NSWERのイントロに繋がった時の
会場の爆発感はめちゃくちゃにすごかった。

∀NSWER、松田さんの歌声が好きなのとか
この曲が発表された時に早坂美玲にいきなり声がついた(朝井彩加さん)とか
コミュの内容とか色々思い出深いのもあるけど、
何よりも単純にミズノゲンキ&睦月周平コンビの曲がかっこいいのが良い。

高橋花林さん(森久保乃々)はそこまでの全体曲とかで目を逸らすモードで歌ってたのが
∀NSWERだけガッチリ目を見開いたりしてて芸が細かいな~と思いながら見てた。

5thツアーの時はバラバラの組み合わせで2人で歌ってた3人が
ようやく揃ってめちゃくちゃ嬉しそうに歌ってたのが本当に良かった。

あとLVだと曲の最後に客席で「∀」の形にサイリウム持ってる人を映してたのが地味に良かった。

・開演して舞台に演者が出てきた時に
上に並んでる5人が新曲で新衣装のシルエットなのは見えていたんだけど、
ライトアップされて舞台1段目に並んでる人達が着てるのが
スターリースカイブライト(初期衣装)、アクロスザスターズ(1周年衣装)、
ショータイムイリュージョン(2周年衣装)
だとわかった瞬間はめちゃくちゃテンション上がった。

・初日の新規Remixの中だと「輝く世界の魔法」が
低音でほどよく頭が揺れる感じが良かったなーと思ってたら
後からAJURIKAさんのRemixだと知って納得した。
周年曲は違ったけど、やっぱり節目節目にAJURIKAさんがいてくださらないと始まらない感がある。
あと間奏でカメラに向かってわちゃわちゃしてたのかわいかった。

・1日目のCM曲だとやっぱり会沢紗弥さん(関裕美)の「楽園」が強かった。
メイクで困り眉っぽくなってるのかと思いきや
どうやら途中まじで泣きそうになるのを堪えて歌ってたっぽくて、
最後は笑顔になって歌い終わったのは
約4分間なのに物語性が強すぎてやばかった。

・「クレイジークレイジー」は照明演出含めた完成度がめちゃ良かった。
歌の間のジャージークラブっぽいとこはライブでのダンサーさん用に
エディットされるかなーとちょっと思ったけど無かった。

あと間のMCで藍原ことみさん(一ノ瀬志希)が自分の曲以外に
別の属性の曲もやったことについての感想を聞かれた時に
「なんかめずらしいことやったね」
みたいな事をペロッと言ったのが「うわ今のめっっっちゃ志希」って思った。
藍原さんはいつも喋ってる途中にノータイムで演技に入るから毎度ファッってなる。

・新規ボイス3人組は開演前の影ナレとかで出てくるもんかと思ってたら
いきなりEVERMOREをやってきたのは驚きと同時に、
あの歌詞をいきなりやられるのは涙腺に直にきた。
モバで実装された時も思ったけど

森下来奈さん(鷹富士茄子)の声がふにゃっとしててくせになる良さがあった。

3人とも声はもちろん、
仕草とか動きもそれぞれイメージしてやってたっぽくて、
らしさを節々から感じられたのが良かった。

------------------------------

・2日目のMVPは文句なしに福原綾香さん(渋谷凛)だったと思う。
特に1曲目のS(mile)ING!カバーと最後のGitf。
声のキレとかノビとかもうめっちゃ良かった。
5thSSAのDJぴにゃでショートバージョンも聴けなかったのがものすごい残念だったんだけど、
フル版でがっちり聴けるとは思わなくて、めちゃくちゃ動揺した。
なんかでもちょっと今回の会場が音響的にちょっといまいちだった感もあるので
次以降、もっと良い設備でのライブでのパフォーマンスも期待したいし注目してほしい。

・「イリュージョニスタ」は5thツアーが終わった後に発表されたから
これまで数える程度にしか披露されてないけどやっぱりライブで映える名曲だなあ。
「BEYOND THE STARLIGHT」もだけどインストがめちゃくちゃ好きで
歌詞とかコンテンツとしての文脈無しでも絶対好きになってた曲だと思う。

Gitfはそういう意味だとわかりやすい「名曲」ではないけど、
歌詞に噛みごたえのあるとても「良い曲」だと思う。
後ろの映像で光が荒野を飛んでいって
最後に5つの光が混ざりながら城の外を横に飛んでいく演出があって
「ほーん」となるなどした。

・2日目のCM曲3人の中だと花井美春さん(村上巴)の「おんなの道は星の道」がほんとに強くてなんだこれってなってた。
1日目の後にtwitterで指摘している人がいたからか
2日目では観客側も完全に歌謡番組スタイルになってて、
普段なら歓声があがるところで全員拍手してるのが完全に別ワールドで面白すぎた。
花井さんは「喉からCD音源目指して」とはおっしゃっていたけど
あの日だけで充分に超していた気がする。

声質的に結構好きなので
どんどん色んなタイプの曲に出てきてもらえるのを期待してる。

・2日目は新規ボイス3人組が前半終わったMCの後に出てこなくて
どういうことかと思いながらずっと見てたら
ラスト前に初公開の総選挙曲「Trust me」で登場してきて、
なおかつ初期リンキンパークとかに近いミクスチャーロック的なハードなやつを持ってくるもんだから
「ちょっと待ってなにこれなにこれ」ってものすごい衝撃だった。
歌詞は全然聞き取れなかったけど。

------------------------------

4月にあった台湾公演は初心者向けの新旧織り交ぜたブースターパック的な感じだったのもあって、
FlipFlopに始まるBD曲のリアレンジ群とソロカバー群といい
Taku Inoueさん監修のTo Dance To含めたRemix群といい
最後のGitfといい
初披露かつ挑戦的なものが多いのがとても良かった。

ただ、BDオリジナル曲はどれもオリジナル版が本当に素晴らしいので
難しいかもしれないけど配信とデレステ実装やってほしいんだよなーーー。

あと衣装もそうだったけど、曲としても
サービスインの「とどけ!アイドル」→1周年の「BEYONDO THE STARLIGHT」→2周年の「イリュージョニスタ!」
と過去の周年曲を2日間通してで全部やったのは
たぶんGitfの「守るべきは過去じゃない」が、「(捨てるわけではない)」
を表現したかったんだろうな~~と終わってから思った。


そんなところ。
6thが楽しみ。